ピンクリボンのお宿ネットワーク(JTBサン&サン)

ピンクリボン

2022年8月~2023年3月発

旅へ~いつもの日常から一歩~

ピンクリボンお宿ネットワーク

宿泊セレクション



ピンクリボンのお宿ネットワーク(略称:リボン宿ネット)は、乳がんを患い、手術を受けて回復の道を歩みながらも、術後の痕を気にして旅をあきらめてしまうという女性の方たちに、もう一度、誰の目も気にせず旅に出かけてもらい、  心ゆくまで旅館・ホテルでの入浴などを楽しんでいただきたいという目的で、2012年7月に設立されました。


会長ごあいさつ  ピンクリボンのお宿ネットワーク 会長  畠 ひで子 (匠のこころ吉川屋 女将)


 おかげさまで2012年の発足以来今年で11年を迎え、参加する宿泊施設も北は北海道から南は沖縄まで、団体会員加盟の宿を含めると400を上回るまでになりました。 2020年の年明け早々からの新型コロナウイルス感染症に伴い、まだまだ旅行に躊躇される方も多いと思いますが、会員施設では安心して旅を楽しんでいただけるよう、それぞれの自治体や旅行組合などのマニュアルに沿った感染症対策を施し、心地よいおもてなしを目指して全ての宿で努力してまいります。 皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。


JTBガイアレックはピンクリボンのお宿ネットワークを応援します!!

ピンクリボン運動に共感した社員が、旅行会社ならではの貢献が出来ないものか?と考えたことがJTBガイアレックとピンクリボン運動の始まりです。そこで「ピンクリボンのお宿ネットワーク」に加盟してる旅館様と乳がんの手術後、旅をあきらめてしまった方とを“つなぐ”という、旅行会社ならではのアプローチで、自社パンフレットに掲載されている加盟施設様にマークを入れました。当初は加盟施設を紹介した簡素なものでしたが、反響の大きさもあり、社会的意義の大きさを実感。特集ページの設定や専用パンフレットの企画・販売などJTBガイアレックとしての運動を進めております。

2016年4月 ピンクリボンのお宿ネットワークに加盟
2016年9月  宿泊商品「お泊り1ばん」参画施設様の内、10施設様に加盟施設マークの掲載を始める
2017年5月 デジタルパンフレット「ピンクリボンネットワークの温泉宿」を制作(掲載施設数:15施設)
2018年4月 時代の変化に合わせた、WEB商品として刷新。参画施設数は30施設様へ拡大
2022年7月 加盟6周年を記念して新たにデジタルパンフレットを制作。加盟施設は発足当初より倍増の32施設様となる
▽JTBガイアレックとSDGsへの取り組み

  「ピンクリボンのお宿ネットワーク」宿泊セレクションのプランを通じて、SDGs目標3「すべての人に健康と福祉を」の達成に貢献していきたいと考えます。WHO(世界保健機構)の憲章には『健康とは、病気ではないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいいます。最高水準の健康に恵まれることは、あらゆる人々にとっての基本的人権のひとつです。(日本WHO協会仮訳)』と記されています。治療を受けた人が安心をして「旅を楽しむ、あきらめることのない心豊かな社会への貢献」を、私たちは「Our values」とし、旅行会社の使命として発信をし続けます。


▼プランのご案内


ピンクリボンのお宿ネットワーク加盟の個性あふれる32施設を全国から集めました。掲載の宿泊プランに、全国の空港から往復の航空機をつけることも可能です。気になるお風呂情報をわかりやすく掲載しております。

●貸切風呂がある施設

●露天風呂付のお部屋

●湯あみ着情報      などを掲載

★おひとり様よりお申し込みOK

★当日まで受付OK(休業日は除きます。ただし、満員の場合もあります。)

▽ピンクリボンのお宿 プラン検索はこちらから